吟鳥子(ぎんとりこ)という漫画家の、マンガ以外はスローならくがきブログです。ボードゲーム等も。
| 最新記事から読む | ご案内 | | 仕事・日記 | ほんやく | ボードゲーム | その他の機能 |
[1]  [2]  [3]  [4
#前説

ええとこれは、1950年代にアメリカで書かれたSF小説の中編を、
英語をべんきょうしたい吟鳥子が、しゅみで翻訳しはじめたものです。

子どものころに日本語の、ふるい少年文庫で読んだのですが、
ほんとにむちゅうになった、大好きな大好きな本でした。

大人になって、また読み返したいなあと思って探したのですが、
しかし、大人用の完訳版が日本では出版されていなかった!……という……

ガッカリしながら調べてみたら、
英語のペーパーバックなら、なんと続編までついてくると判明!

これはもう、翻訳してでも、読むしかないよね!

……という。 

ことで、お取り寄せした分厚い英語のペーパーバック。

ごくり…… これはなかなかヘビーだぜ……

と、とりくみ始めたものの、SF特有の単語や言い回しはむつかしいし、
なかなか最後まで翻訳しきるヤル気というものが、保てません。

そこで、ちょこちょことネットにアップして、友だちに見てもらおう!
こんなにおもしろい小説が読まれていないのはもったいないし!

……そんなことを思いついたのがことのほったんでした。
(というのが、ええと、6年くらい前)

誤訳もかんちがいもたくさんあると思われますが、
あくまでシロウトの、えいごのべんきょうがてらの一人遊びですので、
笑って見逃していただけたら幸いです。

なお、出版社さまから苦情がきましたら、
すぐに取り下げさせていただきます……

拍手

ご案内
漫画家の吟鳥子(ぎんとりこ)のブログです。
日々、まんががあれば幸せです。
良きまんがを愛してぼちぼちスローに生きています。

○単行本○

秋田書店/ボニータコミックス
「アンの世界地図」1〜

新書館/ウィングスコミックス
「いづれの御時にか」(いづれのおんときにか)全2巻
(日本語版、台湾版)
「鎖衣カドルト」(さいかどると)
(日本語版、台湾版)
「一人の王にさしあげる玩具」(ひとりのおうにさしあげるがんぐ)
(日本語版、台湾版、韓国版)

エンターブレイン/ビーズログコミックス
「架カル空ノ音」(かかるそらのね)全4巻
(日本語版、英語版、韓国語版、スペイン語版)

○サイトのご案内○

「最新記事から読む」
記事を、最新記事からじゅんばんに読めます。
記事の下に、やじるしが表示されます。それで、記事を進めたり戻ったりします。
記事の上に、ページの[数字]が表示されているときは、それでも移動できます。
「ご案内」
ここです。
「絵」
日々のらくがきおえかきの記事を、まとめて見られます。
「仕事・日記」
とても忙しかったり、ひまだった時の記事を、まとめて見られます。
「ほんやく」
管理人は英語がうまくなりたいので、英語の何かをほんやくしたりします。
「ボードゲーム」
最近、みんなで遊べるボードゲームにこっています。
「その他の機能」
記事を単語で検索したり、月別に記事をまとめて読めたり、いろいろできます。

○ご連絡○
ちょっとした記事へのツッコミやおほめの言葉は、
各記事に設置された「拍手ボタン」からお送りください。

お仕事のご依頼や、がっつり長文メールを送りたい方は、
gin_tori☆dragon.plala.or.jp (☆を@に替えてください)
まで、メールをお送りください。

○著作権に関する注意書き○
こちらにある全ての絵の転載(画像を保存して公開すること・画像に直接リンクを貼ること等)は不許可です。
個人的ダウンロード(画像の保存)も、ご遠慮ください。
オリジナルイラストと吟鳥子の商業作品の絵は、すべて吟鳥子が著作権を有しています。
二次創作イラストはその題材において原作者と出版社に著作権がありますが、
二次創作イラストそのものの著作権は吟鳥子が有しています。
(原作者サイドからのクレームがあった場合は、すぐに消去いたします)
以上の理由から、閲覧者による無断転載・無断使用を禁じます。
悪質な場合は、法的手段による厳重措置をとらせていただくこともあります。
また、吟鳥子の商業作品のイラストに関しては、すべて出版社の諒解のもとに掲載しています。

If you find any copies of my works in any other places being used on a web site, printed or sold without my permission, please inform me as soon as possible, for there is a possibility of an infringement of copyright. It is also helpful if the URL or the place they are being printed or sold is indicated, so that it is possible to warn or to take legal actions against the person involved.

Powered by Ninja Blog Illustrated by GINTORIKO Template by CHELLCY / /